カタオバクサ Pterocladiella capillacea
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月18日
 
カタオバクサ(堅小婆草)
Pterocladiella capillacea (S.G. Gmelin) Santelices & Hommersand 1997: 118. Figs 1a, 2b, 3b, 4, 5.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),テングサ目(Order Gelidiales),オバクサ科(Family Pterocladiaceae),オバクサ属(Genus Pterocladiella
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),テングサ目(Order Gelidiales),テングサ科(Family Gelidiaceae),オバクサ属(Genus Pterocladiella
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),テングサ目(Order Gelidiales),オバクサ科(Family Pterocladiaceae),オバクサ属(Genus Pterocladiella
 
掲載情報
吉田 1998: 640-641. Pl. 3-40, Fig. C. p.p.; Shimada et al. 2000: 13. Figs 6, 7, 11; Shimada & Masuda 2002: 172, 175. Figs 11-18; Boo et al. 2010: 4-6. Fig. 1 A-D. Fig. 2 A, B.
 
Basionym
  Fucus capillaceus S.G. Gmelin 1768: 146. Pl. 15, Fig. 1.
Homotypic synonym
  Gelidium capillaceum (S.G. Gmelin) Meneghini in Freuenfeld 1854: 334.
  Pterocladia capillacea (S.G. Gmelin) Bornet in Bornet & Thuret 1876: 57. Pl. 20, Figs. 1-7; 岡村 1902: 22; 1913: 50. Pl. 105. p.p.; 稲垣 1933: 21.
Heterotypic synonym
  Pterocladia densa Okamura 1934: 49. Pl. 30, Figs 1, 2. Pl. 33, Figs 4-8; 1936: 468; Shimada et al. 2000: 17. Fig. 14. (Type locality: 鳥取県浦富. Lectotype specimen: SAP herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション))
 
Type locality: Locus, Mare mediterraneum(地中海)
Lectotype specimen: Gmelin (1768) pl. 15 fig. 1の図解
 
分類に関するメモ:Pterocladiella capillacea, P. nana, P. tenuisをオバクサ(P. capillacea)1種類にまとめる見解もありましたが(吉田 1998など),Shimada et al. (2000)は「オバクサ」を再び3種に分け,それぞれカタオバクサ(Pterocladiella capillacea),チャボオバクサ(P. nanaオバクサ(P. tenuisとしました。Shimada et al. (2000) はPterocladia densaをカタオバクサの異名同種(シノニム)としました。
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea
撮影地:新潟県 佐渡市 見立;撮影日:2011年8月7日;撮影者:鈴木雅大
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea   カタオバクサ Pterocladiella capillacea
押し葉標本(採集地:岩手県 下閉伊郡 山田町 田の浜荒神;採集日:2003年8月25日;採集者:鈴木雅大)
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea   カタオバクサ Pterocladiella capillacea
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2002年7月27日;採集者:鈴木雅大)
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea   カタオバクサ Pterocladiella capillacea
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2002年9月10日;採集者:鈴木雅大)
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea   カタオバクサ Pterocladiella capillacea
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 住吉(現 佐渡市 住吉);採集日:2002年11月4日;採集者:鈴木雅大)
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea   カタオバクサ Pterocladiella capillacea
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2003年3月3日;採集者:鈴木雅大)
 
カタオバクサ Pterocladiella capillacea   カタオバクサ Pterocladiella capillacea
押し葉標本(採集地:新潟県 両津市 見立(現 佐渡市 見立);採集日:2003年5月1日;採集者:鈴木雅大)
 
形態変異が激しく,オバクサ(Ptilocladiella tenuisチャボオバクサ(P. nanaを本種と同種とする見解もありました(吉田 1998など)。同じ岩で採集したものでも季節的に大きく形が変わることから,3種を形態的に区別するのは容易ではないのですが,Shimada et al. (2000),Shimada & Masuda (2002),Boo et al. (2010)は,rbcL遺伝子を用いた分子系統解析により,これら3種がそれぞれ独立した種類である事を示しました。カタオバクサの特徴は,小枝の分枝の様子が規則正しく羽状であることと,小枝から小羽枝を密に生じることです。
 
参考文献
 
Boo, S.M., Kim, S.Y., Hong, I.S. and Hwang, I.K. 2010. Reexamination of the genus Pterocladiella (Gelidiaceae, Rhodophyta) in Korea based on morphology and rbcL sequences. Algae 25: 1-9.
 
Bornet, É. and Thuret, G. 1876. Notes algologiques recueil d'observations sur les algues. Fasc. 1. pp. I-XX + 1-70, Plates I-XXV. G. Masson, Paris.
 
Frauenfeld, G. 1854. Aufzählung der Algen der dalmatischen Küste. Verhandlungen des Zoologisch-Botanischen Vereins in Wein 4(Abh): 317-350.
 
Gmelin, S.G. 1768. Historia fucorum. 239 pp. Ex typographia Academiae scientiarum, Petropoli.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 18 November 2011.
 
稲垣貫一 1933. 忍路湾及び其れに近接せる沿岸の海産紅藻類. 北海道帝国大学理学部海藻研究所報告 2: 1-77.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙. 276 pp. 敬業社, 東京.
 
岡村金太郎 1913. 日本藻類圖譜 第3巻 第3集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1934. 本邦産てんぐさ属及おばくさ属ニ就イテ. 水産講習所研究報告 29: 35-87.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Santelices, B. and Hommersand, M.H. 1997. Pterocladiella, a new genus in the Gelidiaceae (Gelidiales, Rhodophyta). Phycologia 36: 114-119.
 
Shimada, S., Horiguchi, T. and Masuda, M. 2000. Confirmation of the status of three Pterocladia species (Gelidiales, Rhodophyta) described by K. Okamura. Phycologia 39: 10-18.
 
Shimada, S. and Masuda, M. 2002. Japanese species of Pterocladiella Santelices et Hommersand (Rhodophyta, Gelidiales). In: Taxonomy of Economic Seaweeds with reference to some Pacific species. Vol. VIII. (Abbott, I.A. & Mcdermid, K.J. Eds) Vol.8, pp. 167-181. California Sea Grant College, La Jolla.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱テングサ目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱テングサ目オバクサ科オバクサ属カタオバクサ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る