ヨツガサネ Pterothamnion yezoense
 
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月19日
 
ヨツガサネ(四つ重)
Pterothamnion yezoense (Inagaki) Athanasiadis & Kraft 1994: 130.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),ヨツガサネ連(Tribe Pterothamnieae),ヨツガサネ属(Genus Pterothamnion
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),ヨツガサネ属(Genus Pterothamnion
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),イギス科(Family Ceramiaceae),ヨツガサネ属(Genus Pterothamnion
 
掲載情報
吉田 1998: 927-928. Pl. 3-89, Fig. I. Pl. 3-91, Fig. C.
 
Basionym
  Platythamnion yezoense Inagaki 1935: 47. Fig. 4.
その他の異名
  Antithamnion plumula auct. non (J. Ellis) Thuret (1863); 岡村 1922: 157. Pl. 189; 1936: 704. Fig. 335; Segawa 1949: 144. Fig. 1; Itono 1977: 63, 246. Figs 3A-C, 54A.
 
Type locality: 北海道 小樽市 忍路
Type specimen: CBM(千葉県立中央博物館)
 
ヨツガサネ Pterothamnion yezoense
押し葉標本(採集地:神奈川県 鎌倉市 由比ヶ浜;採集日:2005年2月24日;採集者:鈴木雅大)
 
ヨツガサネ Pterothamnion yezoense
押し葉標本(採集地:神奈川県 鎌倉市 七里ヶ浜;採集日:2001年2月23日;採集者:鈴木雅大)
     
  ヨツガサネ Pterothamnion yezoense   ヨツガサネ Pterothamnion yezoense  
 
  ヨツガサネ Pterothamnion yezoense   ヨツガサネ Pterothamnion yezoense  
四分胞子嚢を付けた藻体の顕微鏡写真 *1.0%エリスロシン水溶液で染色
 
本種は,顕微鏡で観察すると主軸の細胞から4本の枝を生じるのが特徴です。4つの枝が重なり合うことから,「ヨツガサネ(四つ重ね)」という和名が付けられています。紅藻類の顕微鏡観察訓練の三段階目(最終段階)に観察する種類で,「レベル1」のキヌイトグサ(Aglaothamnion callophyllidicola,「レベル2」のフタツガサネ(Antithamnion nipponicumと比べると難易度が段違いです。著者は「レベル3」を1回でクリアすることは出来ず,師匠(故 吉﨑 誠 先生(東邦大学名誉教授))からダメだしをくらいました。翌日,キヌイトグサに形が似ているハネクスダマ(Pleonosporium segawaeを観察・スケッチしてから再度本種に挑戦し,ようやく師匠からOKが出ました。顕微鏡観察訓練以来,スケッチを描いていませんが,機会があれば改めてスケッチしてみたい種類です。
 
参考文献
 
Athanasiadis, A. and Kraft, G.T. 1994. Description of Pterothamnion squarrulosum (Harvey) comb. nov. from south-eastern Australia and southern New Zealand, with a taxonomic re-assessment of the genera Pterothamnion, Platythamnion and Glandothamnus (Ceramiaceae, Rhodophyta). European Journal of Phycology 29: 119-133.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 19 November 2011.
 
Inagaki, K. 1935. Some marine algae recently discovered in Japan and new to science. Scientific Papers of the Institute of Algological Research, Faculty of Science, Hokkaido Imperial University 1: 41-49.
 
Itono, H. 1977. Studies on the ceramiaceous algae (Rhodophyta) from southern parts of Japan. Bibliotheca Phycologica 35: 1-499.
 
岡村金太郎 1922. 日本藻類圖譜 第4巻 第8集.東京.*自費出版.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌.964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Segwa, S. 1949. The gonimoblast development in Ceramiaceous algae of Japan, I. Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University 9: 143-146.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌.1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版).藻類 63: 129-189.
 
 
写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目イギス科
 
日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目イギス科ヨツガサネ連ヨツガサネ属ヨツガサネ
 
「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る