監修・執筆:鈴木雅大 作成日:2010年8月7日(2020年2月8日更新)
掲載種数:32種
 
カヤモノリ科 Family Scytosiphonaceae Farlow, 1881
  [= ムラチドリ科 Family Chnoosporaceae Setchell & N.L. Gardner, 1925]
  Note: Silberfeld et al. (2014) に従い,ムラチドリ属(Chnoospora)をムラチドリ科(Chnoosporaceae)からカヤモノリ科(Scytosiphonaceae)に移しました。(鈴木)
   
  ボウガタムラチドリ属 Genus Chnoospora J. Agardh, 1847
  Note: Santiañez et al. (2018b) はムラチドリ(P. implexa)をChnoospora属からPsudochnoospora属に移しました。Chnoospora属の和名はボウガタムラチドリ属とするのが適当でしょう。(鈴木)
    ボウガタムラチドリ Chnoospora minima (Hering) Papenfuss
      [= Chnoospora pacifica J. Agardh]
   
フクロノリ属 Genus Colpomenia (Endlicher) Derbès & Solier in Castagne, 1851
    Colpomenia claytoniae S.M. Boo, K.M. Lee, G.Y. Cho & W.A. Nelson
    Note: Boo et al. (2011) は,石垣島で本種を報告しています。(鈴木)
    ウスカワフクロノリ Colpomenia peregrina Sauvageau
      [= Colpomenia peregrina (Sauvageau) G. Hamel nom. illeg.]
      Note: Silva et al. (1996) によると,本種の学名は"C. peregrina Sauvageau"であり,"C. peregrina (Sauvageau) G. Hamel"は"C. peregrina Sauvageau"の後続同名であり非合法名です。(鈴木)
  ウスカワフクロノリ(写真で見る生物の系統と分類)
    フクロノリ Colpomenia sinuosa (Mertens ex Roth) Derbès & Solier
    フクロノリ(写真で見る生物の系統と分類)
   
  コンプソネマ属 Genus Compsonema Kuckuck, 1899
 

Note: Norris (2010) に従い,コンプソネマ属(Compsonema)をミリオネマ科(Myrionemataceae)からカヤモノリ科(Scytosiphonaceae)に移しました。コンプソネマ属の幾つかの種はカヤモノリ属(Scytosiphon)など,異型世代交代する褐藻の微小な世代と考えられており,現在知られている種が複数の科に分けられる可能性があります。(鈴木)

    ツルモノハリモ Compsonema chordae Noda
    Note: 吉田(1998)によると,本種は属の検討が必要です。(鈴木)
    スギモクノハリモ Compsonema coccophorae Noda
    Note: 吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。(鈴木)
  Compsonema coniferum Setchell & N.L. Gardner
    アミジノハリモ Compsonema dictyotoides Noda & Honda
    Note: 吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。(鈴木)
    カイセイハリモ Compsonema intercalare Noda
    Note: 吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。(鈴木)
    ナガミノハリモ Compsonema oblongum Noda
      Note: 吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。(鈴木)
   
  ワタモ属 Genus Dactylosiphon Santiañez, K.M. Lee, S.M. Boo & Kogame, 2018
  Note: Santiañez et al. (2018b) はDactylosiphon属を設立し,ワタモ(Colpomenia bullosa)とホソクビワタモ(C. wynnei)をフクロノリ属(Colpomenia)からDactylosiphon属に移しました。Dactylosiphon属の和名はワタモ属とするのが適当でしょう。(鈴木)
    ワタモ Dactylosiphon bullosus (D.A. Saunders) Santiañez, K.M. Lee, S.M. Boo & Kogame
      [≡ Colpomenia bullosa (D.A. Saunders) Yamada]
      [= Macrosiphon asperococcoides Okamura]
      [= Colpomenia sinuosa f. deformans Setchell & N.L. Gardner]
      Note: Santiañez et al. (2018b) はDactylosiphon属を設立し,本種をフクロノリ属(Colpomenia)からDactylosiphon属に移しました。(鈴木)
  ワタモ(写真で見る生物の系統と分類)
    ホソクビワタモ Dactylosiphon wynnei (K.M. Lee, Riosmena-Rodriguez, Kogame & S.M. Boo) Santiañez, K.M. Lee, S.M. Boo & Kogame
      [≡ Colpomenia wynnei K.M. Lee, Riosmena-Rodriguez, Kogame & S.M. Boo]
      ["Colpomenia phaeodactyla" auct. non Yoshida et al. 1985]
      Note: Lee et al. (2014) は,韓国と日本で報告されてきたColpomenia phaeodactylaは新種であるとしてC. wynneiを記載しました。日本でホソクビワタモと呼ばれてきた種はこの種に相当すると考えられます。Santiañez et al. (2018b) はDactylosiphon属を設立し,本種をフクロノリ属(Colpomenia)からDactylosiphon属に移しました。(鈴木)
   
  カヤモドキ属 Genus Hapterophycus Setchell & N.L. Gardner, 1912
  Santiañez & Kogame (2019) は,カヤモドキ(Scytosiphon canaliculatus)をカヤモノリ属(Scytosiphon)からHapterophycus属に戻しました。Hapterophycus属の和名は「カヤモドキ属」とするのが適当でしょう。
    カヤモドキ Hapterophycus canaliculatus Setchell & N.L. Gardner
      [ Scytosiphon canaliculatus (Setchell & N.L. Gardner) Kogame]
      [= エチゴイソカワラモドキ Hapterophycus echigoensis Noda]
      Note: Santiañez & Kogame (2019) は,本種をカヤモノリ属(Scytosiphon)からHapterophycus属に戻しました。また,エチゴイソカワラモドキ(Hapterophycus echigoensis)を本種の異名同種(シノニム)としました。(鈴木)
   
カゴメノリ属 Genus Hydroclathrus Bory, 1825
    カゴメノリ Hydroclathrus clathratus (C. Agardh) M. Howe
      [= Hydroclathrus cancellatus Bory]
  カゴメノリ(写真で見る生物の系統と分類)
    Hydroclathrus minutus Santiañez & Kogame
    Note: Santiañez et al. (2018a) は,沖縄県瀬長から本種を新種記載しました。(鈴木)
    Hydroclathrus stephanosorus Kraft
      Note: Santiañez et al. (2018a) は,千葉県館山,神奈川県三崎町,新潟県佐渡島,兵庫県淡路島,広島県因島,福岡県津屋崎,長崎県対馬,沖縄県名護,西表島から本種を報告しました。(鈴木)
  Hydroclathrus stephanosorus(写真で見る生物の系統と分類)
    ホソカゴメノリ Hydroclathrus tenuis C.K. Tseng & B. Ren Lu
    ホソカゴメノリ(写真で見る生物の系統と分類)
 
  キタイワヒゲ属 Genus Melanosiphon M.J. Wynne, 1969
  Note: Silberfeld et al. (2014) に従い,本属をナガマツモ科(Chordariaceae)からカヤモノリ科(Scytosiphonaceae)に移しました。(鈴木)
    キタイワヒゲ Melanosiphon intestinalis (D.A. Saunders) M.J. Wynne
      [≡ Myelophycus intestinalis D.A. Saunders]
    キタイワヒゲ(写真で見る生物の系統と分類)
   
イワヒゲ属 Genus Myelophycus Kjellman, 1891
    ウツロイワヒゲ Myelophycus cavus Ji. Tanaka & Chihara
  ウツロイワヒゲ(写真で見る生物の系統と分類)
    イワヒゲ Myelophycus simplex (Harvey) Papenfuss
      [= Myelophycus caespitosus Kjellman]
    イワヒゲ(写真で見る生物の系統と分類)
   
  セイヨウハバノリ属 Genus Petalonia Derbès & Solier, 1850 nom. cons.
  [= ハバノリ属 Endarachne J. Agardh, 1896]
    ハバノリ Petalonia binghamiae (J. Agardh) K.L. Vinogradova
      [ Endarachne binghamiae J. Agardh]
      ["Phyllitis fascia" auct. non Okamura 1901]
  ハバノリ(写真で見る生物の系統と分類)
    セイヨウハバノリ Petalonia fascia (O.F. Müller) Kuntze
      [ Ilea fascia (O.F. Müller) Fries]
       [ Phyllitis fascia (O.F. Müller) Kützing]
  セイヨウハバノリ(写真で見る生物の系統と分類)
    ヒラカヤモ Petalonia tenella (Kogame) Santiañez & Kogame
      [ Scytosiphon tenellus Kogame]
      ["Petalonia zosterifolia" auct. non Nakamura & Tatewaki 1975]
    Note: Santiañez & Kogame (2019) は,本種をカヤモノリ属(Scytosiphon)からセイヨウハバノリ属(Petalonia)に移しました。(鈴木)
    キヌハバノリ Petalonia tenuis Ka. Matsumoto & Sa. Shimada
      Note: Matsumoto et al. (2014) は,本種を新種記載しました。(鈴木)
    キヌハバノリ(写真で見る生物の系統と分類)
  ヒメセイヨウハバノリ Ilea zostericola Noda
      Note: 吉田(1998)は,本種の原記載においてタイプを明記していないことから国際植物命名規約(現 国際藻類・菌類・植物命名規約(ICN))において,非正式名(invalid name)としました。しかし,ICNの40.3, 40.6より,1990年1月1日より前に記載された種では,「タイプ」や「タイプ標本」が明示されていなくても,採集地と採集日の情報があればタイプの指定とみなされると考えられます。本サイトでは本種を正式発表されていると判断しました。Ilea属は命名法上の問題からセイヨウハバノリ属(Petalonia)に移されていることから,本種についてもセイヨウハバノリ属との新組合せが必要と考えられます。(鈴木)
   
  プラノシフォン属 Genus Planosiphon McDevit & G.W. Saunders, 2017
  Note: McDevit & Saunders (2017) はPlanosiphon属を設立し,ウスカヤモ(P. gracilis)をカヤモノリ属(Scytosiphon)からPlanosiphon属に,ホソバノセイヨウハバノリ(P. zosterifolius)をセイヨウハバノリ属(Petalonia)からPlanosiphon属に移しました。(鈴木)
    ウスカヤモ Planosiphon gracilis (Kogame) McDevit & G.W. Saunders
      [ Scytosiphon gracilis Kogame]
      Note: McDevit & Saunders (2017) はPlanosiphon属を設立し,本種をカヤモノリ属(Scytosiphon)からPlanosiphon属に移しました。(鈴木)
  ウスカヤモ(写真で見る生物の系統と分類)
    ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae M. Hoshino, M.E. Croce, Hanyuda & Kogame
    Note: Hoshino et al. (2020)は,ウスカヤモ(Planosiphon gracilis)と呼ばれてきた種が2種以上に分けられることを示し,本種を新種記載しました。(鈴木)
    ホソバノセイヨウハバノリ Planosiphon zosterifolius (Reinke) McDevit & G.W. Saunders
      [ Petalonia zosterifolia (Reinke) Kuntze]
      Note: McDevit & Saunders (2017) はPlanosiphon属を設立し,本種をセイヨウハバノリ属(Petalonia)からPlanosiphon属に移しました。(鈴木)
   
ムラチドリ属 Genus Pseudochnoospora Santiañez, G.Y. Cho & Kogame, 2018
    Note: Santiañez et al. (2018b) はPsudochnoospora属を設立し,ムラチドリ(P. implexa)をChnoospora属からPsudochnoospora属に移しました。Psudochnoospora属の和名はムラチドリ属とするのが適当でしょう。(鈴木)
    ムラチドリ Pseudochnoospora implexa (J. Agardh) Santiañez, G.Y. Cho & Kogame
      [Chnoospora implexa J. Agardh]
      [= Chnoospora obtusangula (Harvey) Sonder]
       [Dictyota obtusangula Harvey nom. illeg.]
      Note: Santiañez et al. (2018b) はPsudochnoospora属を設立し,本種をChnoospora属からPsudochnoospora属に移しました。(鈴木)
   
モサクダフクロ属 Genus Rosenvingea Børgesen, 1914
  モサクダフクロ Rosenvingea intricata (J. Agardh) Børgesen
    Rosenvingea orientalis (J. Agardh) Børgesen
      [≡ Asperococcus orientalis J. Agardh]
   
カヤモノリ属 Genus Scytosiphon C. Agardh, 1820 nom. cons.
    カヤモノリ Scytosiphon lomentaria (Lyngbye) Link
    カヤモノリ(写真で見る生物の系統と分類)
     
  トロノエラ属 Genus Tronoella Santiañez & Kogame, 2018
  Note: Santiañez et al. (2018a) が新属として記載しました。(鈴木)
    Tronoella ryukyuana Santiañez & Kogame
      Note: Santiañez et al. (2018a) は,沖縄県大度から本種を新属新種として記載しました。(鈴木)
       
参考文献
 
Boo, S.M., Lee, K.M., Cho, G.Y. and Nelson, W. 2011. Colpomenia claytonii sp. nov. (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae) based on morphology and mitochondrial cox3 sequences. Botanica Marina 54: 159–167.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2015. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 12 February 2015.
 
Hoshino, M., Croce, M.E., Hanyuda, T. and Kogame, K. Species delimitation of Planosiphon gracilis morphospecies (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae) from Japan and the description of Pl. nakamurae sp. nov. Phycologia https://doi.org/10.1080/00318884.2019.1709144.
 
Lee, K.M., Riosmena-Rodriguez, R., Kogame, K. and Boo, S.M. 2014. Colpomenia wynnei sp. nov. (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae): a new species of marine algae from Northeast Asia. Phycologia 53: 480-487.
 
Kogame, K. 1996. Morphology and life history of Scytosiphon canaliculatus comb. nov. (Scytosiphonales, Phaeophyceae) from Japan. Phycological Research 44: 85-94.
 
小亀一弘・吉田忠生 1998. 2.8 かやものり目. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 300-316. 内田老鶴圃,東京.
 
Matsumoto, K., Ichihara, K. and Shimada, S. 2014. Taxonomic reinvestigation of Petalonia (Phaeophyceae, Ectocarpales) in southeast of Honshu, Japan, with a description of Petalonia tenuis sp. nov. Phycologia 53: 127-136.
 
McDevit, D.C. and Saunders, G.W. 2017. A molecular investigation of Canadian Scytosiphonaceae (Phaeophyceae) including descriptions of Planosiphon gen. nov. and Scytosiphon promiscuus sp. nov. Botany 95: 653–671.
 
Norris, J.N. 2010. Marine algae of the Northern Gulf of California: Chlorophyta and Phaeophyceae. Smithsonian Contributions to Botany 94: 1-276.
 
Phillips, N., Burrowes, R., Rousseau, F., Reviers, B. de and Saunders, G.W. 2008. Resolving evolutionary relationships among the brown algae using chloroplast and nuclear genes. Journal of Phycology 44: 394-405.
 
Racault, M.-F.L.P., Fletcher, R.L., Reviers, B. de, Cho, G.Y., Boo, S.M., Parente, M.I. and Rousseau, F. 2009. Molecular phylogeny of the brown algal genus Petrospongium Naegeli ex Kuetz. (Phaeophyceae) with evidence for Petrospongiaceae fam. nov. Cryptogamie Algaologie 30: 111-123.
 
Reviers, B. de, Rousseau, F. and Draisma, S.G.A. 2007. Classification of the Phaeophyceae from past to present and current challenges. In: Brodie, J. & Lewis, J. eds. Unravelling the algae the past, present, and future of algal systematics 376 pp. CRC Press, Florida.
 
Rousseau, F. and Reviers, B. de. 1999. Circumscription of the order Ectocarpales (Phaeophyceae): bibliographical synthesis and molecular evidence. Cryptogamie Algologie 20: 5-18.
 
Santiañez, W.J.E. and Kogame, K. 2019. Proposals to recognize Petalonia tenella comb. nov. and to resurrect Hapterophycus canaliculatus (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae). Botanica Marina 62: 149-153.
 
Santiañez, W.J.E., Lee, K.M., Uwai, S., Kurihara, A., Geraldino, P.J.L., Ganzon-Fortes, E.T., Boo, S.M. and Kogame, K. 2018a. Untangling nets: elucidating the diversity and phylogeny of the clathrate brown algal genus Hydroclathrus, with the description of a new genus Tronoella (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae). Phycologia 57: 61-78.
 
Santiañez, W.J.E., Macaya, E.C., Lee, K.M., Cho, G.Y., Boo, S.M. and Kogame, K. 2018b. Taxonomic reassessment of the Indo-Pacific Scytosiphonaceae (Phaeophyceae): Hydroclathrus rapanuii sp. nov. and Chnoospora minima from Easter Island, with proposal of Dactylosiphon gen. nov. and Pseudochnoospora gen. nov. Botanica Marina 61: 47-64.
 
Siemer, B.L., Stam, W.T., Olsen, J.L. and Pedersen, P.M. 1998. Phylogenetic relationships of the brown algal orders Ectocarpales, Chordariales, Dictyosiphonales and Tilopteridales (Phaeophyceae) based on Rubisco large subunit and spacer sequences. Journal of Phycology 34: 1038-1048.
 
Silberfeld, T., Rousseau, F., and Reviers, B. de 2014. An updated classification of brown algae (Ochrophyta, Phaeophyta). Cryptogamie Algologie 35: 117-156.
 
Silva, P.C., Basson, P.W. and Moe, R.L. 1996. Catalogue of the benthic marine algae of the Indian Ocean. University of California Publications in Botany 79: 1-1259.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

「シオミドロ目」のリストに戻る

「黄色藻類リスト」のトップに戻る

「日本産海藻リスト」のトップに戻る

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る