ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
作成者:鈴木雅大 作成日:2020年5月2日
 
ナミウスカヤモ(なみ薄萱藻)
Planosiphon nakamurae M. Hoshino, M.E. Croce, Hanyuda & Kogame 2020: 120, figs 4-9.
 
黄藻植物(オクロ植物)門(Phylum Ochrophyta),褐藻綱(Class Phaeophyceae),ヒバマタ亜綱(Subclass Fucophycidae),シオミドロ目(Order Ectocarpales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),プラノシフォン属(Genus Planosiphon
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:褐藻綱(Class Phaeophyceae),カヤモノリ目(Order Scytosiphonales),カヤモノリ科(Family Scytosiphonaceae),カヤモノリ属(Genus Scytosiphon
 
Type locality: Nabeta, Shimoda, Shizuoka Pref., Japan(静岡県 下田市 鍋田)
Holotype: SAP 115444
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2017年2月25日;撮影者:鈴木雅大
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2017年2月25日;撮影者:鈴木雅大
 
著者が勤めている実験所で大学院生を対象としたワークショップを開催したときのことです。海藻を採集中におかしなカヤモノリ類を見つけました。線状なのですが上部が幅広く,一部は空気を含んで袋状になっておりました。ワタモ(Dactylosiphon bullosusやホソクビワタモ(D. wynnei)以外で袋状になるカヤモノリ類が思いつかず,この時はウスカヤモ(Planosiphon gracilisカヤモノリ(Scytosiphon lomentariaの形態変異だろうと思いました。その後,淡路島を含む日本3箇所(静岡県下田,和歌山県加太,淡路島大磯)で採集されたカヤモノリ類が新種であることが確かめられ,新種ナミウスカヤモ(P. nakamurae)として発表されました(Hoshino et al. 2020)。なるほどこれは確かに新種だと納得しました。
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
 
ナミウスカヤモ Planosiphon nakamurae
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2019年2月20日;撮影者:鈴木雅大
 
本種は体が幅広いことが特徴ですが,しばしばウスカヤモとの区別に悩みます。著者は「ワタモと見間違うほど袋状になるのが特徴」と勝手に思い込んでいたのですが,そうなったのは2017年の一時期だけだったらしく,その後はウスカヤモよりは幅広いけど,正直判断が付かないというものが頻繁に見られ,自信を無くしました。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2020. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 2 May 2020.
 
Hoshino, M., Croce, M.E., Hanyuda, T. and Kogame, K. 2020. Species delimitation of Planosiphon gracilis morphospecies (Scytosiphonaceae, Phaeophyceae) from Japan and the description of Pl. nakamurae sp. nov. Phycologia 59: 116-126.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインS A Rストラメノパイル黄藻植物(オクロ植物)門褐藻綱 シオミドロ目カヤモノリ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る