オオムカデノリ Grateloupia acuminata
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年3月21日(2014年4月17日更新)
 
オオムカデノリ(大百足海苔)
Grateloupia acuminata Holmes 1896: 54. Pl. 10, Figs 2a-c.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イソノハナ目(Order Halymeniales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
 
掲載情報
岡村 1902: 89; Kawaguchi 1991: 331. Figs 1-18; 1998: 708, 710. Pl. 3-50, Fig. A.
 
Homotypic synonym
  Halymenia acuminata (Holmes) J. Agardh 1901: 130; 岡村 1902:; 1908: 174. Pl. 35, Figs 6-12; 1936: 535. Fig. 251.
 
Type locality: 神奈川県 藤沢市 江ノ島
Holotype specimen: BM (The Natural History Museum, London, UK)
 
分類に関するメモ:オオムカデノリは,ムカデノリ属(Grateloupia)の1種として記載された後,Halymenia属に移った後,ムカデノリ属に戻されました。Carderon et al. (2014) ,Kim et al. (2014) などによる遺伝子解析において,ムカデノリ属が多系統群であることが示されました。オオムカデノリはヒラキントキ属(Prionitis)のクレードに含まれることが示唆されており,属の所属について今後の検討が必要と考えられます。本サイトでは,オオムカデノリを暫定的にムカデノリ属のメンバーとしました。
 
オオムカデノリ Grateloupia acuminata
 
オオムカデノリ Grateloupia acuminata
撮影地:神奈川県 藤沢市 江ノ島;撮影日:2014年4月17日;撮影者:鈴木雅大
 
オオムカデノリ Grateloupia acuminata
押し葉標本(採集地:神奈川県 藤沢市 江ノ島;採集日:2007年12月21日;採集者:鈴木雅大)
 
オオムカデノリ Grateloupia acuminata
押し葉標本(採集地:神奈川県 鎌倉市 腰越漁港;採集日:2007年12月21日;採集者:鈴木雅大)
 
江ノ島や鎌倉で良く採れる海藻です。
 
参考文献
 
Agardh, J.G. 1901. Species genera et ordines algarum, seu descriptiones succinctae specierum, generum et ordinum, quibus algarum regnum constituitur. Vol. tertii, pars quarta. De Florideis Mantissa collectanea tum de speciebus novis aut aliter interpretandis commentaria, tum indicea sistens specierum antea seorsim descriptarum. pp. 1-149. apud C.W.K. Gleerup, Lundae.
 
Calderon, M.S., Boo, G.H. and Boo, S.M. 2014. Morphology and phylogeny of Ramirezia osornoensis gen. & sp. nov. and Phyllymenia acletoi sp. nov. (Halymeniales, Rhodophyta) from South America. Phycologia 53: 23-36.
 
Holmes, E.M. 1896. New marine algae from Japan. Journal of the Linnean Society of London, Botany 31: 248-260, pls VII-XII.
 
Kawaguchi, S. 1991. Taxonomic notes on the Halymeniaceae (Rhodophyta) from Japan I. Japanese Journal of Phycology 39: 329-336.
 
川口栄男 1998. むかでのり科. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 697-734. 内田老鶴圃,東京.
 
Kim, S.Y., Manghisi, A., Morabito, M., Yang, E.C., Yoon, H.S., Miller, K.A. and Boo, S.M. 2014. Genetic diversity and haplotype distribution of Pachymeniopsis gargiuli sp. nov. and P. lanceolata (Halymeniales, Rhodophyta) in Korea, with notes on their non-native distributions. Journal of Phycology 50: 885-896.
 
岡村金太郎 1902. 日本藻類名彙. 276 pp. 敬業社, 東京.
 
岡村金太郎 1908. 日本藻類圖譜 第1巻 第7集.東京.*自費出版
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科ムカデノリ属オオムカデノリ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る