キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年10月23日(2021年3月21日更新)
 
キブリイトグサ(木振糸草)
Melanothamnus japonicus (Harvey) Díaz-Tapia & Maggs in Díaz-Tapia et al. 2017: 8. Table 4.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),ストレブロクラディア連(Tribe Streblocladieae),メラノタムヌス属(Genus Melanothamnus
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),イトグサ属(Genus Polysiphonia)*Polysiphonia japonicaとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),イギス目(Order Ceramiales),フジマツモ科(Family Rhodomelaceae),ネオシフォニア属(Genus Neosiphonia)*Neosiphonia japonicaとして
 
Basionym
  Polysiphonia japonica Harvey 1857: 331.
Homotypic synonym
  Neosiphonia japonica (Harvey) M.-S. Kim & I.K. Lee 1999: 279.
Heterotypic synonym
  エチゴヒメイトグサ Polysiphonia grateloupeoides Noda 1970: 34. Fig. 13.
  ニッポンイトグサ Polysiphonia nipponica Segi 1951: 221. Figs 19, 20. Pl. 7, Fig. 2. Pl. 8, Fig. 1.
  アッケシイトグサ Polysiphonia akkeshiensis Segi 1951: 232. Figs 23, 24. Pl. 9, Figs 1-3.
  キタイトグサ Polysiphonia siretokensis Yamada & Tak. Tanaka 1944: 170.
その他の異名
  Polysiphonia savatieri auct. non Hariot (1891); Okamura 1916: 74.
  Polysiphonia flexella auct. non (C. Agardh) J. Agardh (1842); Yendo 1916: 261.
  Polysiphonia mollis auct. non J.D. Hooker & Harvey in Harvey (1847); Yendo 1916: 261.
  Polysiphonia fibrillosa auct. non (C. Agardh) Sprengel (1827); 岡村 1936: 832.
  ナガツボイトグサ Polysiphonia novae-angliae auct. non W.R. Taylor (1937); Segi 1951: 226. Fig. 21. Pl. 8, Fig. 2.
  トゲイトグサ Polysiphonia spinosa auct. non (C. Agardh) J. Agardh (1842); Segi 1951: 214. Pl. 6, Fig. 2.
  Polysiphonia violacea auct. non (Roth) Sprengel (1827); Yamada 1928: 524. Fig. 18.
 
Type locality: 北海道 函館.
Lectotype specimen: TCD (Trinity College, Dublin)
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
フクロフノリ(Gloiopeltis furcataに着生
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
採集地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);採集日:2016年3月23日;撮影者:鈴木雅大
 
McIvor et al. (2001)はキブリイトグサをPolysiphonia harveyiの異名(シノニム)としましたが,Choi et al. (2001) とKim & Yang (2006) による分子系統解析では,本種とP. harveyiは異なる種であることが示唆され,Kim & Yang (2006) は本種が独立の種であると結論づけています。キブリイトグサはイトグサ属(Polysiphonia)からネオシフォニア属(Neosiphonia)に移された後,Díaz-Tapia et al. (2017)によってネオシフォニア属がメラノタムヌス属(Melanothamnus)の異名(シノニム)となったことに伴い,ネオシフォニア属からメラノタムヌス属に移りました。また,連の所属がイトグサ連(Polysiphonieae)からストレブロクラディア連(Streblocladieae)に変わりました。イトグサ連とは姉妹群の関係になるものの,狭義の「イトグサ」ではなくなったわけで,体構造だけをみると違和感をおぼえるのですが,プロカルプの構造においてイトグサ属の仲間は造果枝を構成する細胞が4個であるのに対し,キブリイトグサを含むメラノタムヌス属では3個という違いがあります。また,細胞中の色素体の配置にも違いがあり,イトグサ属では細胞表面に散在するのに対し,メラノタムヌス属では細胞側面に偏った配置(側壁型)をしています。これらの違いはクリティカルなもので,キブリイトグサが「イトグサ」の仲間から外れたのは妥当ではないかと思います。
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2021年3月17日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒジキ(Sargassum fusiformeの体上に着生していたキブリイトグサです。2021年3月はキブリイトグサにとって好条件だったらしく,あちこちのヒジキの体上で見られました。キブリイトグサは臨海実習の観察材料として用いるため,人数分を揃えるのに苦労するのですが,この年は探すまでもなく十分な材料を採集出来ました。毎年こうなら良いのにと思いましたが,ここまで広範囲に着生しているとヒジキの品質が落ちるのではないかと心配になります。
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
押し葉標本(採集地:千葉県 木更津市 久津間海岸;採集日:2003年1月17日;採集者:鈴木雅大)
 
オゴノリ(Gracilaria vermiculophyllaの体上にたくさんの個体が着生しています。
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
 
キブリイトグサ Melanothamnus japonicus
体の横断面 *1.0%エリスロシン水溶液で染色
 
中心細胞の周りに4個の周心細胞を持ち,中心細胞と周心細胞の間には二次ピットコネクション(矢頭)があります。
 
参考文献
 
Choi, H.-G., Kim, M.-S., Guiry, M. D. and Saunders, G. W. 2001. Phylogenetic relationships of Polysiphonia (Rhodomelaceae, Rhodophyta) and its relatives based on anatomical and nuclear small-subunit rDNA sequence data. Canadian Journal of Botany 79: 1465-1476.
 
Díaz-Tapia, P., McIvor, L., Freshwater, D.W., Verbruggen, H., Wynne, M.J. and Maggs, C.A. 2017. The genera Melanothamnus Bornet & Falkenberg and Vertebrata S.F. Gray constitute well-defined clades of the red algal tribe Polysiphonieae (Rhodomelaceae, Ceramiales). European Journal of Phycology 52: 1-30.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 23 October 2013.
 
Harvey, W.H. 1857. Algae. In: Account of the Botanical specimens. (Gray, A., ed) Narrative of the expedition of an American squadron to the China Seas and Japan, performed in the years 1852, 1853 and 1854, under the command of Commodore M.C. Perry, United States Navy. Volume II - with illustrations. (Anon. Eds), pp. 331-332. Senate of the Thirty-third Congress, Second Session, Executive Document. House of Representatives, Washington.
 
Kim, M.-S. and Lee, I.K. 1999. Neosiphonia flavimarina gen. et sp. nov. with a taxonomic reassessment of the genus Polysiphonia (Rhodomelaceae, Rhodophyta). Phycological Research 47: 271-281.
 
Kim, M.S. and Yang, E.C. 2006. Taxonomy and phylogeny of Neosiphonia japonica (Rhodomelaceae, Rhodophyta) based on rbcL and cpeA/B gene sequences. Algae 21: 287-294.
 
Noda, M. 1970. Some marine algae collected on the coast of Iwagasaki, Prov. Echigo facing the Japan Sea. Science Reports of Niigata University, Series D (Biology) 7: 27-35.
 
岡村金太郎 1916. 日本藻類名彙 第2版. 362 pp. 成美堂, 東京.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Segi, T. 1951. Systematic study of the genus Polysiphonia from Japan and its vicinity. Journal of the Faculty of Fisheries, Prefectural University of Mie 1: 167-272.
 
Yamada, Y. 1928. Report of the biological survey of Mutsu Bay. 9. Marine algae of Mutsu Bay and adjacent waters. II. Scientific Reports of the Tôhoku Imperial University, Biology 3: 497-533.
 
Yendo, K. 1916. Notes on algae new to Japan. V. Botanical Magazine, Tokyo 30: 243-263.
 
吉田忠生 1998. 新日本海藻誌 1222 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イギス目フジマツモ科

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る