トサカマツ Grateloupia crispata
作成者:鈴木雅大 作成日:2013年11月4日(2018年6月17日更新)
 
トサカマツ(鶏冠松)
Grateloupia crispata (Okamura) Y.-P. Lee 2008: 381. Figs A-C.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イソノハナ目(Order Halymeniales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),キントキ属(Genus Prionitis)*Prionitis crispataとして
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),キントキ属(Genus Prionitis)*Prionitis crispataとして
 
Basionym
  Carpopeltis crispata Okamura 1934: 32. Pl. 317, Figs 6-11.
Homotypic synonym
  Prionitis crispata (Okamura) Kawaguchi 1989: 239-241. Figs 30-33; 1998: 730. Pl. 3-58, Fig. C.
 
Type locality: 神奈川県 三浦市 三崎町 諸磯.
Holotype specimen: SAP herb. Okamura(北海道大学大学院理学研究科植物標本庫 岡村金太郎コレクション)
 
分類に関するメモ:トサカマツはCarpopeltis属の1種として記載された後,Prionitis属に移されました。Wang et al. (2001) はPrionitis属とされていた日本産種をムカデノリ属(Grateloupia)のメンバーとしましたが,トサカマツについては,「サクラノリ(Grateloupia imbricata)と同種と考えられるが更なる検討が必要である」とし,属の移動は行われませんでした。Lee (2008) は,トサカマツをPrionitis属からムカデノリ属(Grateloupia)に移しました。
 
トサカマツ Grateloupia crispata
撮影地:三重県 志摩市 志摩町 片田;撮影日:2017年4月14日;撮影者:鈴木雅大
 
トサカマツ Grateloupia crispata
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2016年6月4日;撮影者:鈴木雅大
 
トサカマツ Grateloupia crispata
 
トサカマツ Grateloupia crispata
 
トサカマツ Grateloupia crispata
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2016年7月6日;撮影者:鈴木雅大
 
トサカマツ Grateloupia crispata
 
トサカマツ Grateloupia crispata
撮影地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);撮影日:2018年6月14日;撮影者:鈴木雅大
 
トサカマツ Grateloupia crispata
採集地:兵庫県 洲本市 由良(淡路島);採集日:2016年3月23日;採集者:鈴木雅大
 
関東地方や伊豆を始めとする本州太平洋沿岸で海藻採集をしていると否が応にも目につくのがこの紅藻です。通年見られるため,他の海藻が少なくなる夏場でも見つかります。最も普通に見られる海藻の一つとして紹介すべきところですが,海藻の専門家にとってこれほど頭を悩ませる紅藻はいないと思います。というのも,本種の生育地にはサクラノリ(Grateloupia imbricataヒトツマツ(Grateloupia chiangiiコメノリ(Polyopes proliferなど,本種と良く似た紅藻がたくさん生育しているからです。本種の特徴は葉状部が縮れたり,内側に反り返るなどですが,Wang et al. (2001) は,本種について「サクラノリ(Grateloupia imbricataと同種と考えられるが,更なる検討が必要である」と述べています。Wang et al. (2001) が指摘する通り,国際塩基配列データベースで公開されているサクラノリとトサカマツのrbcL遺伝子の配列は同種とみなしても良いくらい近似しています。しかし,公開されているサクラノリとトサカマツのrbcL遺伝子の配列はどちらもタイプ産地で採集されたものではありません。加えて,著者が淡路島で採集したトサカマツと考えられるサンプルのrbcL遺伝子の配列は公開されているどの種にも当てはまりませんでした。これまで行われたrbcL遺伝子を用いた分子系統解析や著者が決定したrbcL遺伝子の配列から判断すれば,公開されているサクラノリの配列は間違いないと思います。以上のことから,考えられるケースは以下の2つです。1. サクラノリとトサカマツは同種だが,どちらでもない未記載種が存在する(= 淡路島の"トサカマツ"は別種)。2. 公開されているトサカマツの配列はサクラノリの誤同定で,淡路島のサンプルが真のトサカマツである。いずれにしろ,この問題を解決するには,トサカマツのタイプ標本か,タイプ産地である神奈川県三崎で採集したトサカマツのrbcL遺伝子を決定するのが確実かと思います。機会があれば三崎のトサカマツを採集し,確かめられればと考えています。
 
参考文献
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2013. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 04 November 2013.
 
Kawaguchi, S. 1989. The genus Prionitis (Halymeniaceae, Rhodophyta) in Japan. Journal of the Faculty of Science, Hokkaido University, Series V (Botany) 16: 193-257.
 
川口栄男 1998. むかでのり科. In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 697-734. 内田老鶴圃,東京.
 
Lee, Y.-P. 2008. Marine algae of Jeju. 177 pp. Academy Publication, Seoul.
 
岡村金太郎 1934. 日本藻類図譜 第7巻 第4集. 東京. *自費出版.
 
Wang, H.W., Kawaguchi, S., Horiguchi, T. and Masuda, M. 2001. A morphological and molecular assessment of the genus Prionitis J. Agardh (Halymeniaceae, Rhodophyta). Phycological Research 49: 251-262.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科ムカデノリ属トサカマツ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る