ヒラムカデ Grateloupia livida
作成者:鈴木雅大 作成日:2011年11月18日(2017年4月16日更新)
 
ヒラムカデ(平百足)
Grateloupia livida (Harvey) Yamada 1931: 74.
 
紅藻植物門(Phylum Rhodophyta),真正紅藻亜門(Subphylum Eurhodophytina),真正紅藻綱(Class Florideophyceae),マサゴシバリ亜綱(Subclass Rhodymeniophycidae),イソノハナ目(Order Halymeniales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
 
*1. 吉田(1998)「新日本海藻誌」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),真正紅藻亜綱(Subclass Florideophycidae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
*2. 吉田ら(2015)「日本産海藻目録(2015年改訂版)」における分類体系:紅藻綱(Class Rhodophyceae),スギノリ目(Order Gigartinales),ムカデノリ科(Family Halymeniaceae),ムカデノリ属(Genus Grateloupia
 
掲載情報
岡村 1936: 541; 川口 1998: 716-717. Pl. 3-51, Figs C, D.
 
Basionym
  Nemastoma lividum Harvey 1857: 332.
Heterotypic synonym
  Schizymenia ligulata Suringar 1867: 258. (Type locality: 日本(産地不明). Type specimen: )
   ≡ Grateloupia ligulata (Suringar) F. Schmitz 1894: 634.
  Grateloupia furcata Holmes 1896: 254. Pl. 10, Fig. 3. nom. illeg. (Type locality: 静岡県下田. Type specimen: )
  Grateloupia jubata Yendo 1920: 10. (Syntype localities: 北海道函館;福山;神奈川県三崎. Type specimen: )
  カイフノリ Grateloupia kaifuensis Yendo 1920: 10. (Syntype localities: 越後;佐渡島. Type specimen: )
  Grateloupia nipponica Yendo 1920: 10-11. (Type locality: 但馬. Type specimen: )
その他の異名
  Grateloupia prolongata auct. non J. Agardh (1847); Yendo 1914: 279. p.p.
  Grateloupia dichotoma auct. non J. Agardh (1842); Yendo 1918: 81.
 
Type locality: 静岡県 下田
Holotype specimen: TCD herb. Harvey (Trinity College, Dublin, Ireland)
 
分類に関するメモ:ヒラムカデは,ムカデノリ属(Grateloupia)のメンバーとされています。Carderon et al. (2014) ,Kim et al. (2014) などによる遺伝子解析において,ムカデノリ属が多系統群であることが示されました。ヒラムカデはヒラキントキ属(Prionitis)のクレードに含まれることが示唆されており,属の所属について今後の検討が必要と考えられます。本サイトでは,ヒラムカデを暫定的にムカデノリ属のメンバーとしました。
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2017年2月25日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2016年1月27日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
撮影地:三重県 志摩市 志摩町 片田;撮影日:2017年4月14日;撮影者:鈴木雅大
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
押し葉標本(採集地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);採集日:2016年1月27日;採集者:鈴木雅大)
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
押し葉標本(採集地:千葉県 銚子市 アシカ島;採集日:2008年6月20日;採集者:鈴木雅大)
 
ヒラムカデ Grateloupia livida   ヒラムカデ Grateloupia livida
押し葉標本(採集地:千葉県 富津市 竹岡棚海岸;採集日:2000年12月13日;採集者:鈴木雅大)
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
多数分枝し,とてもヒラムカデとは思えない個体。新種あるいは新産種と考えていたが…。
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
押し葉標本(採集地:静岡県 下田市 鍋田;採集日:2005年5月11日;採集者:鈴木雅大)
 
ヒラムカデ Grateloupia livida
撮影地:兵庫県 淡路市 岩屋 田ノ代海岸(淡路島);撮影日:2015年6月30日;撮影者:鈴木雅大
 
時に信じ難い形態変異を見せる種類です。海藻図鑑などでは,分枝しないか体の中部から上部で二叉分枝するものが本種として紹介されていますが,内湾部やタイドプールなどでは,体の縁辺から副出枝を多数生じる個体や縁辺に加えて体の表面からも副出枝を生じる個体が普通に見られます。これらの副出枝を生じた個体はムカデノリ(Grateloupia asiaticaキョウノヒモ(Polyopes lancifoliaなどと間違えられることがあり,博物館の標本などでも混同されているものがみられます。日本海側や下北半島,三陸沿岸などでは上記2種に加えてカタノリ(Grateloupia divaricataとも混同されます。この形態変異について,川口(1998)は,標識個体の追跡調査により,その形態変異の幅を確かめています。著者はかつてムカデノリともキョウノヒモともつかない個体を伊豆半島下田で採集し(写真の個体),「これは新種あるいは新産種に違いない!」と意気込んでrbcL遺伝子の配列を決定したことがあります。その結果,その"新種"は,ヒラムカデそのものだということが分かり,イスから転げ落ちました。それ以来,標本を集めて注意深く観察したところ,経験即ではありますが,本種の形態変異の幅が少しずつ分かってきました。淡路島でまるでキョウノヒモのような個体を採集した時は間違えませんでした。こうなってくると,一体どのような姿が本種の"典型的"な姿なのか判断に困るところですが,図鑑に載っているような枝の少ない個体はどちらかといえば波当たりが強く,外海に面するような場所で見られ,キョウノヒモのように多数の副出枝を持つ個体は内湾部やタイドプールなど,特に生活排水などの淡水の影響を受ける場所に見られる傾向があるようです。ムカデノリでも似たような現象がみられることから,この仲間は淡水の影響を受けやすいのかもしれません。本種の形態変異に関わる要因を特定するのは容易ではないと思いますが,結論としては,図鑑等の検索表や写真で本種の形態変異を表現するのは困難であり,出来る限り多くのサンプルを集め,経験的に学んでいくのが本種を同定する上で最も重要だと思います。
 
参考文献
 
Calderon, M.S., Boo, G.H. and Boo, S.M. 2014. Morphology and phylogeny of Ramirezia osornoensis gen. & sp. nov. and Phyllymenia acletoi sp. nov. (Halymeniales, Rhodophyta) from South America. Phycologia 53: 23-36.
 
Guiry, M.D. and Guiry, G.M. 2011. AlgaeBase. World-wide electronic publication, National University of Ireland, Galway. https://www.algaebase.org; searched on 18 November 2011.
 
Harvey, W.H. 1857. Algae. In: Account of the Botanical specimens. (Gray, A., ed) Narrative of the expedition of an American squadron to the China Seas and Japan, performed in the years 1852, 1853 and 1854, under the command of Commodore M.C. Perry, United States Navy. Volume II - with illustrations. (Anon. Eds), pp. 331-332. Senate of the Thirty-third Congress, Second Session, Executive Document. House of Representatives, Washington.
 
Holmes, E.M. 1896. New marine algae from Japan. Journal of the Linnean Society of London, Botany 31: 248-260, pls VII-XII.
 
川口栄男 1998. むかでのり科 In: 吉田忠生 著. 新日本海藻誌. pp. 697-734. 内田老鶴圃,東京.
 
Kim, S.Y., Manghisi, A., Morabito, M., Yang, E.C., Yoon, H.S., Miller, K.A. and Boo, S.M. 2014. Genetic diversity and haplotype distribution of Pachymeniopsis gargiuli sp. nov. and P. lanceolata (Halymeniales, Rhodophyta) in Korea, with notes on their non-native distributions. Journal of Phycology 50: 885-896.
 
岡村金太郎 1936. 日本海藻誌. 964 pp. 内田老鶴圃,東京.
 
Schmitz, F. 1894. Neue japanische Florideen von K. Okamura. Hedwigia 33: 190-201.
 
Suringar, W.F.R. 1867. Algarum iaponicarum Musei Botanici L.B. index praecursorius. Annales Musei Botanici Lugduno-Batavi 3: 256-259.
 
Yamada, Y. 1931. Notes on some Japanese algae II. Journal of the Faculty of Science, Hokkaido Imperial University Ser. 5, 1: 65-76, 3 figs, plates XVI-XX.
 
Yendo, K. 1914. Notes on algae new to Japan. II. Botanical Magazine, Tokyo 28: 265-281.
 
Yendo, K. 1918. Notes on algae new to Japan. VIII. Botanical Magazine, Tokyo 32: 65-81.
 
Yendo, K. 1920. Novae algae japoniae. Decas I-III. Botanical Magazine, Tokyo 34: 1-12.
 
吉田忠生・鈴木雅大・吉永一男 2015. 日本産海藻目録(2015年改訂版). 藻類 63: 129-189.
 

写真で見る生物の系統と分類真核生物ドメインスーパーグループ アーケプラスチダ紅藻植物門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目

日本産海藻リスト紅藻植物門真正紅藻亜門真正紅藻綱マサゴシバリ亜綱イソノハナ目ムカデノリ科ムカデノリ属ヒラムカデ

「生きもの好きの語る自然誌」のトップに戻る